国語力のすゝめ

算数文章問題のカギは、国語力に有り!

 

計算問題は出来るけど、文章問題が苦手」というお声を多く耳します。

その原因はどこにあるのか。最も大きな理由は、問題文を正しく理解・把握できていないことです。

こういった場合、次のような解答が多く見受けられます。

・文章にでてくる数字を順番に使っている

・数字だけを見て、四則(足し・引き・かけ・割り)を決めている

・問題に対して、出した答えが離れすぎている(歩いた距離という問題に対して、200kmというような答え)

思い当たる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

これらの原因である「正しく問題文を理解していない」という部分は、国語力の不安定さに起因しているのです。

 

では国語力とは何か。

漢字ができること。文法や文章の作りがわかること。作文が書けること。

ぱっと思いつくものでも、いくつも挙げられると思います。

 

まえしまアカデミーでは、国語力=論理的思考力と考えます。

そしてそれは、「生きる力」(能動的学習・アクティブラーニング)へとつながっていきます。

 

国語力=論理的思考力を高めるにはどうすればいいか。それは大きく分けて3つの力が必要ではないかと考えます。

・言いかえる力(抽象・具体の関係を整理する力)

・比べる力(対比関係を整理する力)

・たどる力(因果関係を整理する力)

小論文 AO入試 語彙力 思考力 論理立て

国語力=論理的思考力を高めるためには「3つの力」を身につけるだけでいい。 「言いかえる力」、「くらべる力」、「たどる力」。 すなわち、抽象・具体の関係を整理する力、対比関係を整理する力、因果関係を整理する力。