次世代そろばんクラス 珠算 暗算 記憶力 集中力 情報処理能力 計算
このように指先をたくさん使うことで神経が発達し、さまざまな動きができるようになっていきます。 また指先の運動は脳にも刺激を与え、成長・発達を促すと言われています。   言葉を操る力や思考力、記憶力、運動能力などをつかさどっているのは、大脳です。 そして手指の運動刺激が、この大脳に影響を与えると言われています。 注目すべきは、指先をたくさん動かすことで、脳が活発化する点です。それにより思考力や記憶力の活性化も促されるそうです。 成長期の子ども達には、ぜひとも指先を使った運動を取り入れることをおすすめいたしま
脳を活性化させる指先の運動には、ピアノなどの様々な習い事があります。  もちろん「そろばん」もその中のひとつです。     赤ちゃんが使う「ガラガラ」というおもちゃがあります。  これは握る、振る、と二通りの動きができ、音も鳴るので聴覚の感覚刺激にもなります。  こういった複数にまたがる刺激が、より脳を活性化させると言われています。  遊びでは、積み木や折り紙などがオススメです。より繊細な指先の動きには集中力も必要とされるので、遊びながら脳を活性化させる効果が期待できます。  物を観る目や、物体の感覚(丸
ただ脳を鍛えるための指先運動ではなく、遊ぶ楽しさに支えられることで、集中力や意欲も高まります。  また、できた時の喜びや達成感を感じ、成功体験を得ながら脳を鍛えられます。  まえしまアカデミーで取り入れているパズルでは、トライアル・アンド・エラーの精神や、空間認識力も養います。  さらには、パズルの置く前に置いた後を考える先読みの思考。  ピースの置く順番や段取り、対人型のゲームであれば駆け引きも覚えていきます。  たかが遊びと侮るなかれ。その奥深さと子ども達の想像力と可能性は、まさに無限大といえるでしょ
効能としてはじめに思うのは、なにより計算速度の速さでしょう。小学校での整数四則計算ならば、大きな力を発揮します。  そろばんを脳内にイメージして行う珠算式暗算。これこそが計算速度の秘密であり、脳力トレーニングの最たるものです。  右脳でそろばんの珠をイメージすることと、左脳における数理処理の同時進行こそが、真骨頂なのです。     そろばんでは、パチパチと小さな珠をはじきます。突き詰めれば、その繰り返しにほかなりません。  正しい答えを出すには、正確な指先の動きと、確実に数字を読み取る集中力が必要です。
指先を動かし、繰り返し問題をはじく中で、位取りやくり上がり下がり、数字の概念が自然と身についていきます。  そしてなにより数字への苦手意識がなくなり、ひいては算数・数学の学習への好影響へとつながります。  買い物の簡単な計算といった生活につながる部分でも、十分な効果を発揮します。     そろばんの検定試験は、8級より挑戦ができます。ひとつひとつ昇級することで、着実なレベルアップが実感できます。  同時に検定試験という経験を積むことができます。受験への前段階として、外部試験に慣れるのにも有効です。  また